猫エイズ(猫後天性免疫不全症候群)

 三春シェルターには、今まで多くの猫が保護・収容され、未だにたくさんの子たちが里親さん(譲渡)を待っています。その中には残念ながら「猫エイズ」に感染している子たちもいます(発症していないがウィルスキャリア)。しかし、その中にも元気で性格のよい可愛い子がたくさんいます。

ハッチ(No.20394  推定2歳)猫エイズキャリア

カギしっぽのサビ柄の女の子です。初めて会った人には恥ずかしそうな素振りで近寄りスリスリ。でも本当は抱っこ大好きな相当な甘えん坊さん。「ハッチって呼ぶと走ってきますよ♡」とスタッフ談。食欲も旺盛です。この子、あんまり鳴くタイプの子ではないので、静かにまったり飼いたい方向きですよ。

 

猫エイズとは

愛猫家の方は既にご存知かと思いますが日本にいる猫の30パーセント近くが感染しているといわれています。

  • 血液や唾液に含まれ、ケンカで噛まれたりして感染します。人間にはうつらず、猫属にしか感染しません。
  • 多くの猫は感染していたとしても5~10年無症状です。しかし、免疫が低下する病気なので、口内炎・鼻炎・腸炎などがなかなか治りづらいなどの症状が出ます。根本的な治療方法はなく快適な環境であまりストレスをかけずに発症を遅らせる方法しかありません。
  • 同居猫がいるような方にはオススメ出来ません。

里親さんになっていただける新しい飼主さんを募集中です。

十分にご理解の上お申し込み下さい。

お知らせ

ご支援頂きました皆様へ

暖かいご支援本当にありがとうございます。

皆様からいただいた物資は、収容施設にて保護収容している動物達が快適に暮らすための飼育管理に活用させていただいております。