サンマ&サブ、卒業しました

サンマ(20377)&サブ(20360)、東京へと縁付きました。

この二匹、同じ町出身猫さん。二日違いで保護され同じ部屋へ→本館→別館と移動するたび何故か一緒の二匹。そして本日新しい飼い主様にまでマッチング候補に上げていただいていました。

何という甘え方でしょう・・・
何という甘え方でしょう・・・
マイペース!
マイペース!

引っ込み思案なサブはスタッフに誘導されるとスリスリと甘え始めましたが甘え方自体がおかしい・・・。一方のサンマ、「サンマが釣れた!」とじゃらしで遊んでもらったり、ウロウロしたりと自由奔放でした。タイプは違うが人が好きで仲良くやっていけるサンマ&サブ、めでたく一緒に卒業となったのです。

 

飼い主様にはシェルター通信を愛読していただいておりまして、本物のおばあミルク文ちゃんムギおのちゃん石ちゃん・・・などなどたくさんの猫にも会っていただきました。

譲渡が決まった瞬間
譲渡が決まった瞬間
お二人&二匹
お二人&二匹

今日からおうちができた二匹です。家族写真も撮れました。皆様お幸せに

 

譲渡の際には、獣医師がマイクロチップを装着してから新しい飼い主様にペットをお渡ししております。

マイクロチップこんな時に役に立ちます。

迷子になっても、保護された時に身元が確認できます。

地震などの災害時にはぐれても、飼い主の元に戻ってくる確率が高まります。

※専用リーダー(情報読取機)で個体識別番号を読み取る必要があります。

日頃から迷子札などは付けておきましょうね。

 

高みの見物

サンマとサブのマッチングの成り行きを見ているおのちゃん(20352)。

君もあんなふうにマッチングする日が来るといいね。その前に君の鋭い爪を切りたいけどね。

 

お知らせ

ご支援頂きました皆様へ

暖かいご支援本当にありがとうございます。

皆様からいただいた物資は、収容施設にて保護収容している動物達が快適に暮らすための飼育管理に活用させていただいております。