あれから三年、そして四年目へ

 東日本大震災から三年の節目を迎え、あらためてこの震災で犠牲になられた方、その家族の方々、さらに失われた数多くの犬や猫、命、その飼主様に対しお悔やみ申し上げます。

 あの日以来、混乱の中での非日常が三春シェルターでは、給餌や日々の散歩などが日常になりつつあります。そのような中で、この子たちの幸せを考えた時、本来の姿ではないことを常々気づかされています。

 当シェルターには現在も個性の強い子、ウイルスキャリアなどを含め140頭近くの子たちが収容されております。今後とも皆様には里親様、ボランティア参加などの御協力を宜しくお願いいたします。

 

これまでの全国の皆様方からのあたたかい御支援に深く感謝申し上げます。

 

今日の三春シェルター

スタッフ、ボランティアともに朝のスタート
スタッフ、ボランティアともに朝のスタート
仲良しのクーとタロウ、散歩中
仲良しのクーとタロウ、散歩中

卒業間近のチイちゃんのお手入れ
卒業間近のチイちゃんのお手入れ
トリミング中
トリミング中

爪、切っておこうね(いやし君の詳細は写真をクリック!)
爪、切っておこうね(いやし君の詳細は写真をクリック!)
明日もよろしくね(猫のページは写真をクリック!)
明日もよろしくね(猫のページは写真をクリック!)

応援していただいた皆様へ

 震災から三年が経ちました。2011年10月に三春シェルターが開所して二年五ヶ月、シェルターの被災動物たちを応援して下さいました全国の皆様、ボランティアの皆様、本当にありがとうございました。収容されている動物の一日でも早い幸せを願って、これから残された時間は暖かい家庭でゆっくり過ごさせてあげたいと願っています。

三春シェルター猫担当スタッフ

 

 全国各地から多くの皆様にボランティア作業および様々なご支援をいただきありがとうございました。震災から三年を迎えて少しずつではありますが一頭一頭への細やかなケアが出来るよう努めております。全頭がシェルターを卒業できるまでスタッフ一同、頑張っていきますので引き続いての応援をよろしくお願いいたします。

三春シェルター犬担当スタッフ

 

お知らせ

ご支援頂きました皆様へ

暖かいご支援本当にありがとうございます。

皆様からいただいた物資は、収容施設にて保護収容している動物達が快適に暮らすための飼育管理に活用させていただいております。