催促する

寝起きのテツヤ(20275)♂エイズキャリア

廊下からご飯の作る音が聞こえてきたので、いつもの定位置へ移動を始めました。

「に゛ゃー!」
「に゛ゃー!」
「に゛ゃー!!」
「に゛ゃー!!」
「に゛ゃー!!!」
「に゛ゃー!!!」

ドアの前の一段目の棚の定位置に着くと、テツヤのごはんの催促が始まります。

まったりな性格で、見た目も優しい色合いなのでかわいい声をしているのかと思いきや、どこからそんな声がでてるの?といった具合のだみ声です。

そして大好きなごはんの時間!

ごはんを持ってきたスタッフを一番に迎えるテツヤですが…
ごはんを持ってきたスタッフを一番に迎えるテツヤですが…
グイグイ前に行ってご飯をもらえない程の引っ込み事案なんです。
グイグイ前に行ってご飯をもらえない程の引っ込み事案なんです。
やっぱり一番最後になってしまいました。
やっぱり一番最後になってしまいました。
猫の社会も大変だね。
猫の社会も大変だね。

アピール上手なのに、案外気弱なテツヤ

でも猫同士だと一緒に寝たり、じゃれたり、友達が多い子です。

抱っこはまだ苦手で、少し臆病なところもありますが、すっごく嫌そうな顔をしながらも触らせてくれたり、人との距離はとても近くなってきてます。

ギャップが素敵なテツヤ、新しい飼い主さんを募集中です。

 

里親通信

控えめ男子のハルが我が家に来て、ちょうど一年になります。
当初は先住猫のゆずが激怒して家の隅に追い込み、食事もトイレもできるだけ音を立てずに短い時間ですませて棚の下に引きこもる…という生活で、かわいそうなことをした、うちになんか連れて来るんじゃなかった…と後悔の涙に暮れたものですが、そんな日々も笑い話にできるほど、ゆずとハルは仲良しです。いま。

とにかくハルが優しくて、いい猫なんです。ゆず姉ちゃんにいじわるされたことなんて、これっぽっちも恨んでなくて、ゆずのことが大好きで、できるだけ同じ部屋で過ごしたくて後をついて回り、朝晩の鼻キスは欠かさず、たまにペロっと顔や背中を舐めてみます。時々思い余って、ポコッとゆず姉ちゃんを肉球叩きしてしまいますが、なんかそれも小学生男子の好きな子構いみたいな微笑ましさで、ゆず本にゃんも真剣に怒ったりはしません。


ヒトに対しても甘えたで、撫でてもらうのを待っていたり、気がつくと側に座っていたりします。ちょっとヒトの足を踏んでたり、背中をくっつけたりして。
寝転がってたり座ってたりする脇を通ると、ちょいちょいと手をかけることも多いです。
でも、ビビリが完全に消えたわけではなく、目が合っただけで逃げたり隠れたりもするので、まだまだ信用が足りないなぁと落ち込んだりしますが、ここ1~2ヶ月の間にも、ブラッシングが好きになったり、爪切りでパニックを起こさなくなったりと、少しずつ、少しずつの進歩があるので、気長に付き合って行きたいと思います。

ゆずちゃんとハルくん
ゆずちゃんとハルくん

ハルは食欲は旺盛なものの、ちょっと贅沢で、気に食わないカリカリは残したりします。あと、台所の流しの中や冷蔵庫の上など、やめてほしいなぁと思ってた徘徊場所に、近寄らなくなりました。一切禁止したりしていないのに。 「おぼっちゃん」になってきたんだと思います。顔つきもそんな感じです。
我が家では毎日「ハル、こんなに可愛くなかったよねー」と言い合ってはデレデレしています。実際、険がとれたというか、緊張が解けたというか、目が柔らかくなって、表情が幼くなりました。
とにかく、ハルのことは、もっともっと甘やかして、可愛がって、つきたてのお餅みたいにでろんでろんにして、月日を重ねていきたいと思っています。

青い目が印象的で優しい男の子だったハルくん、少しずつ、少しずつ家族の一員になって、ゆず姉さんにちょっと怒られたってめげないハル君がとても健気で愛らしいです。今ではゆず姉さんが大好きなんですね。

これからも素敵な飼い主様に、ゆず姉さんと一緒につきたてのお餅みたいにもっともっとかわいがってもらってね。

 

お知らせ

ご支援頂きました皆様へ

暖かいご支援本当にありがとうございます。

皆様からいただいた物資は、収容施設にて保護収容している動物達が快適に暮らすための飼育管理に活用させていただいております。