ツネオの午後

今日の猫はツネオ(20330)♂

まだ、なかなか触らせてはくれないツンツン猫です。

猫じゃらし、何かにおいがする?
猫じゃらし、何かにおいがする?
なかなか遊びに乗って来てくれないのですが、
なかなか遊びに乗って来てくれないのですが、
やり始めたら本気モード!
やり始めたら本気モード!
キュートなお尻と歩き方がたまりません。
キュートなお尻と歩き方がたまりません。
ツネオは意外と他猫に厳しい…。
ツネオは意外と他猫に厳しい…。
かないさん、ツネオに怒られているらしい…
かないさん、ツネオに怒られているらしい…
「おれ、遊んでたんだけど。」
「おれ、遊んでたんだけど。」
ツネオ、手からおやつ食べてくれます。
ツネオ、手からおやつ食べてくれます。
食べ方も少しずつ優しくなってきたかな
食べ方も少しずつ優しくなってきたかな
その鋭い爪を切らせてくれるのは、きっとまだまだ先。
その鋭い爪を切らせてくれるのは、きっとまだまだ先。

とっても人に慣れていくのがゆっくりなツネオ。

寄れば逃げて行き、触ろうとするとパンチが飛んできますが、人を見る目はとても優しくなりました。

そんなツンツンなツネオ、見れば見る程ツンツンな性格にハマります。

頑固な男、ツネオ!新しい里親様を募集中です。

でも、少しずつ人の側が安心できる場所になってくれたらいいな。ねぇ、ツネオ。
でも、少しずつ人の側が安心できる場所になってくれたらいいな。ねぇ、ツネオ。

「三春シェルター参観DAY」毎週土日開催中!

只今、三春シェルターでは14匹の大人猫犬2頭の里親様を探しております。

お渡しは後日になります所定用紙にて譲渡のお申し込みをいただき、マイクロチップ挿入後に譲渡いたします。ご理解いただきますようお願いいたします。

里親通信 さくらちゃん

一昨年、3月20日に東京に縁付きました、さくらちゃんの里親様からお便りが届きました。

東京はすっかり春になり、さくらが来てから320日で2年が経ちます。

2年前のあの日、お見送りに来たシェルターの方たちが、「東京のわん子になるんだね」と、おっしゃったのを想い出します。

最近では自分から他の犬に吠えることもなく、気になるワンちゃんも現れました。散歩と夕でしっぽを全開に振って喜びを表現する仕草は、それなりに幸せそうに見えます。

夜が明けるほんの少し前にベッドに上がって、「お散歩行こうよ」アクションから1日が始まり、雪でも雨でも必ず行く、それが私達とのお約束です。

雨の日対策にレインコートを買いましたが、着せると一歩も歩きません。

都会のわん子とは違って軟ではなく、またけっこう、強情なところが可愛いです。

朝ごはんが済むと日の当たる場所でうたた寝タイムに入ります。

午後は妻が買い物がてら散歩に行き、夕方は隣の実家のシーズーと一緒に散歩です。


毎週末は車で10分くらいの場所にある比較的広い公園に行きます。

6時くらいから約1時間、歩くのですが、本当にたくさんの犬が笑顔で散歩をしています。

さくらの仲良し琴子ちゃんはレスキューされた子で、とても姿が似ているのでしばし間違われるほどです。

近所には、以前に比べて「譲渡された犬」が多く、犬やネコを取り巻く環境がずいぶん変化しているように感じます。おそらく東日本大震災で人々の意識が大きく変わったではないでしょうか。東京の渋谷にも、犬やネコの譲渡を専門とするペットショップがあるそうで新聞に出ていました。

「犬やネコはペットで購入するのではなく、譲り受ける」と書かれていましたが、皆様のお蔭で第2の人生を歩むことが出来たワンちゃんネコちゃん、そしてそんな子たちに出会えて人生が明るくなった里親が沢山います。

 

さくらを譲り受ける際、「この子は満身創痍で…」と震災以来、飼い主の方と離ればなれになり、お話をしてくれました。あの時の縫い傷は微塵もなく、フィラリアも完治しました。

この子を幸せにするのが私たちの夫婦の幸せと実感しております。

 

毎日、ホームページを見させて頂いていますが、日を追うごとにワンちゃんネコちゃんの数が減り、また里親さんからの「その後」を見ると、ほっと心が和みます。

 

さくらの誕生日は私達が譲り受けた320日と勝手に決めていますが、9歳を無事に迎えようとしています。さくらは元気にやっています。

 

残りの子たちの里親がみつかり、皆が幸せになれることを祈っています。

今日は、さくらちゃんのシェルター卒業、そして、第2の人生の誕生日です。

さくらちゃん、誕生日おめでとう!

震災で家族とお家を失った動物たちに暖かい手を差し伸べてくださった里親様、そして、そこで幸せに暮らしている様子を窺えることが私たちの支えです。

お知らせ

ご支援頂きました皆様へ

暖かいご支援本当にありがとうございます。

皆様からいただいた物資は、収容施設にて保護収容している動物達が快適に暮らすための飼育管理に活用させていただいております。