スッキリ

フセの練習をしている息子ちゃん(ロック)
フセの練習をしている息子ちゃん(ロック)

このあと、たぶん生まれて初めての体験をします。

 ↓

シャンプー ビビリながらも踏ん張るロック。
シャンプー ビビリながらも踏ん張るロック。
隣でママ(サナ)のシャンプーも始まった。
隣でママ(サナ)のシャンプーも始まった。

黒親子、シャンプーの後は黒光りするほどピカ✰ピカになっていましたよ。

そのほかの犬たちも、シャンプーボランティアさんの手により次から次へとスッキリ、サラサラ、フワフワに~。

ボランティアさん、お世話になりました。


今日の猫舎

天井近くに置かれているベッドから何を見ていたんだろう。

それにしても意外とオッスってピンクが似合うなぁ~。


「三春シェルター参観DAY」毎週日祝開催中!    

会いに来てください

里親通信 ツネキチくん

昨年の7月に卒業したツネキチくんの近況をいただきました。

ツネキチ通信

ツネキチが埼玉に来てから、この7月末ではや1年になります。
この1年、驚異的なスローペースでツネキチなりの世界を徐々に作り上げています。

究極のビビリ、健在です! さすがに今は人間の近くに居る事は居ますが、タッチも抱っこもできずは相変わらず、基本的には自分のエリアに人間を入れる事はありません。

奇跡が起きました。
つい最近ですが、娘が身体にタッチして撫でる事を許してくれるようになりました。 ものすごい進歩だ、と喜んでいましたが、ところが数日前、なんとツネから娘に身体を擦り寄せてきたではありませんか!
信じられません…

正直私たちは、この1年を境に、「この子は人に過剰に慣れる性格の子ではない、これがツネキチである」、 と受け入れることを始めた所でした。
嬉しいですね。
この驚きと喜びは言いようのない、表現のしにくいものですが、何か硬い鍵のかかった扉を開ける事ができた瞬間を感じれた気がします。まだまだ第一歩、これからもっともっと心を開いてくれるように私達が頑張らないといけません。

 

やったー\(^O^)/おめでとうございます。


一年お待たせいたしました。ようやくツネキチくんも撫でられる喜びを知りました! ご家族様が無理強いをせずに見守ってこられたからこそ、こういう姿を見せてくれたのだと思います。


ツネキチくんは、娘様が被災地の動物について書かれた一冊の本に出会ったことがきっかけとなり里親様のおうちへと迎えられました。

いただいたツネキチ通信を拝読しながら、娘様の思いにやっとツネが気が付いたか・・・と安堵しました。

ツネキチくん、もうすぐ夏休みだし たくさん甘えちゃえ~。


お知らせ

ご支援頂きました皆様へ

暖かいご支援本当にありがとうございます。

皆様からいただいた物資は、収容施設にて保護収容している動物達が快適に暮らすための飼育管理に活用させていただいております。