ヨイチおじいちゃん

時々、登場していましたおじいちゃん改めヨイチ」(10541)

本日より新しい里親様を募集することとなりました。

好きなことは、昼寝と散歩
好きなことは、昼寝と散歩
この頃は、撫でると気持ちよさそうにしてくれます。
この頃は、撫でると気持ちよさそうにしてくれます。
若い時は強者だったのかな?まだまだ威厳たっぷりです。
若い時は強者だったのかな?まだまだ威厳たっぷりです。

ヨイチおじいちゃんのプロフィールはこちら→ヨイチ(10541)

これからいろんなヨイチおじいちゃん紹介していきますね!


11月8日() 譲渡会が開催されます。

 

詳しくは福島県のホームページをご確認くださいますようお願いいたします。

 犬及び猫の譲り受けを希望する場合、福島県庁食品生活衛生課あてにお申し込みください。また、当日会場にてお申し込みいただくことも可能です。

 


青空バックに☀
青空バックに☀
ライオン君です。
ライオン君です。

8日譲渡会参加予定のライオン君(シェルター呼名)がシェルターにやってきました。

トリミングで刈った毛もだんだんと生えそろってきましたね。

お散歩も引っ張らず、ルンルン♪と人の脇を上手に歩きます。

 

ちゅうこの得意技

特大ジャンプ!
特大ジャンプ!
ちょっと、きゅうけい…
ちょっと、きゅうけい…

嬉しい気持ちが募ると特大ジャンプを披露してくれるちゅうこ

張り切りすぎて、疲れちゃった?

くつろぐ姿もかわいいです。

参観DAYの日程では都合がつかない方はシェルターまでご連絡下さい。

(連絡先024-983-8330)

※犬猫を迎えることをご検討下さる方は「新しい家族になってくださる方へ」をご覧下さいね


里親通信 さくらちゃん

一昨年3月に東京に縁付きましたさくらちゃんの里親様から近況が届きました!

おねむ、おねむです。
おねむ、おねむです。
池上本願寺にて
池上本願寺にて
奥様が描いたさくらちゃんの絵
奥様が描いたさくらちゃんの絵

震災から4年半が過ぎ、どれほど多くの犬と猫が新しい生活を送れるようになったか、そしてその分、里親となれて幸せになれた方もいます。

私達もそのひとりで、20133月にさくらの里親になれ、子供がいない私達にとって、新しい家族が増えたことで毎日が色鮮やかになりました。

さくらは、今年の夏の酷暑も乗り切り、元気いっぱいに13回のお散歩と夕飯のご飯が大好きです。プラスおやつもですね!

散歩の度に「今日はこっち」攻撃が始まり、近所でも足を運んだことのない道に入り込み私達も自分が住む町の細部まで知るようになりました。

本当は犬にリードさせてはいけないのを知っていますがさくらの行きたい方向に行くのは楽しみです。

体重は大きな変化もなく11キロちょい、定期検診も健康です。

 

シェルターの皆様方に愛されたさくらは今、東京のわん子になり、近所の方からも愛される存在となりました。

手前味噌ではありますが、散歩にでれば「まぁー可愛い」と声を掛けられることが多く、また声を掛けられなくとも、すごく笑顔でさくらにほほ笑みかけてくる方がとても多いです。さくらは私達以外の人達も笑顔にしています。

最近では他の犬に吠えることも殆んどなく、仲良し犬が増えています。

近所のリュウちゃん(オス)とはキューキューとコミュニケーションを深め今で鼻をくっ付け合う関係にまでなれました。

 

うちは都会のど真ん中で、以前はゴールデンレトリーバー、プードル、ダックスフンドなど純血種が多かったのですが、この数年特に震災後、救済犬を引き取る方が激増しています。うちのマンション犬を飼っている方はすべてレスキュー犬です。東日本大震災以降、日本人の意識が大きく変わったのではないかと思えます。

 

ところで、メイとチャッピーが新しいご主人のもとで幸せそうな写真を見た時にはジーンときました。レインコートが似合いますね。ちなみにさくらは服が苦手で着せると「いやっ!」と一歩も動かなくなってしまいます。

 

三春シェルターの皆様、私たちは何もできませんが、陰ながら応援しています。これから寒い季節を迎えますが「みんな幸せになれ!」その思いは届いています。

さくらちゃん、すっかり東京のわんこですね!

お散歩友達もたくさん出来て、家族みんなで一緒にごはんを食べて、夜はふかふかのベッドでおやすみ。

あたたかい里親様と出会えたこと、さくらちゃんは幸せですね。

まだまだ新しい里親様を待っている子達に、家族が出来ますように。

みんな幸せになれますように。

お知らせ

ご支援頂きました皆様へ

暖かいご支援本当にありがとうございます。

皆様からいただいた物資は、収容施設にて保護収容している動物達が快適に暮らすための飼育管理に活用させていただいております。