平成24年ごろを回顧する


↑平成24年5月「被災した動物たちに愛の手をSmile Again~かけがえのない家族~」イベント来場者様がご親戚の行方不明犬を発見するという嬉しい出来事もありました。

 

そして、このあと敷地内に環境省シェルターがつくられ、三春シェルターに大きな変化がやってきます。

↑平成24年8月 お隣に環境省シェルター完成。

同じ頃、飯野シェルターの猫全頭が三春シェルターに移動して来ました。


↑平成24年9月 環境省シェルター内 保護まもない猫たち。ここには一斉保護活動の平成24年9月保護猫と同年12月保護猫が収容されました。

 

猫の頭数が増加

平成25年1月30日ホームページリニューアル

シェルター通信はじまる

 

猫たちの飼養管理も変化

平成25年2月 馴化した猫たちはケージからフリー生活へ。譲渡を視野にいれた猫サロンがはじまりました。↓



一方の従来の福島県動物救護本部の猫舎(本館と呼んでいました)では、三段ケージを置いていたスペースが頭数増加に伴い、こちらにも影響が・・・。

↓ ↓ ↓

↑この状態が・・・

平成24年11月 猫ケージマンション時代に突入していました。

馴化した猫が多かったためニャーニャーと大合唱でしたよ~

↓ ↓ ↓

こんな時もあったのですよ。


連日、ボランティアさんの手を借りて、猫砂をひたすらほりほり、水をあげ、そして給餌、消毒をこなしていました。

もちろん犬チームだって、みんなで助け合いながら清掃消毒、散歩、給餌の毎日でした。

こんな風に めまぐるしく日々が過ぎていくなかで、世話していた子たちの卒業が何よりも嬉しい出来事で励みになっていました。



今日はこのへんで。

次回をお楽しみに~

 

里親通信

2013年3月に静岡県へと縁付いた あおいくんです。

あーちゃんは、大きな赤ちゃんになってしまっていますよ~

おんぶ、重いんですけど あったかいんだから♪

あおい君、小さい家族が増えても相変わらずの甘えん坊さん 今日はあおい君がいわお君と呼ばれていた時代のお写真を!


あったかくて、幸せになれてよかったね、あーちゃん



お知らせ

ご支援頂きました皆様へ

暖かいご支援本当にありがとうございます。

皆様からいただいた物資は、収容施設にて保護収容している動物達が快適に暮らすための飼育管理に活用させていただいております。